日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

プレミアム・パワー

 入手困難なチケットにはプレミアがつく。PREMIUMは報奨金とか割増金とかおまけの意味だが、「プレミアム・モルツ」など高級なという形容にも使われる。実は電気にも「プレミアム・パワー」がある。
 太陽光発電や風力発電の設備が増えてくると、その不安定さを補うのに敏速に起動し出力調整も容易な火力発電が使われる。晴天で太陽光発電などが好調な時や、風の状態が良い時は火力発電が停止させられ、曇りや雨、凪に備えてスタンバイ状態になる。
 朝夕の需要ピークや天候の変化に合わせて供給力を保持するため、旧式の火力発電所も廃止せずに維持することの負担は大きい。このため火力発電の稼働率は年々低下し、電力会社の経営は厳しくなっている。
 天気の急変や突然の凪で再生可能エネルギーによる電力供給がピンチになる。その時に依存する火力発電の電気はプレミアがついてよさそうなものだ。現在、火力発電所の大半は大手電力会社が所有しているが、顧客についても大手電力会社のシェアが圧倒的である。
 このため、火力発電の電気を高く売ることが出来ないでいる。本来、電力の需給が市場原理に沿ったものであれば、その時間帯の火力発電の電気は絶対的な競争力を持ってプレミアム・パワーになるはずである。  
 火力発電の電気がプレミアム・パワーになれば発電所の稼働率が落ちても十分な収入が得られ、大手電力会社も経営的に成り立つはずだ。太陽光発電や風力発電を主な電源にしている新電力会社は時には、とんでもない高値の火力発電によるプレミアム電気をスポットで買わなくてはならなくなる。
 その状況が継続するようであれば、新電力会社は蓄電池やその他の電力貯蔵装置などの導入を検討し始める。また、消費者はその時間帯の省電を試みるはずだ。
 電力貯蔵やピーク時の節電が広まれば、火力発電もプレミアム・パワーでなくなり、火力発電所が大手電力会社にとって本当のお荷物になる。地球温暖化防止の観点から火力発電を対象にした炭素税が導入される可能性もある。いずれにしても火力発電は数十年後にはその役割を終えることになるのでないか。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter