日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

安全の罠に注意

福島第一原発の事故の後、国や政治家、そして原子力関係者は「このような事故を二度と起こさないように」と何回となく口にしたが、これは大問題であった。7月上旬に行われた学術会議のシンポジウムで、安井至氏(総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会の委員長)は、「『リスクベース』での対応が理解できず、『安心』で議論しがち」などと、日本の国民性を指摘し、リスクを定量的にとらえられるよう科学リテラシー向上の必要性を訴えた。安井流で考えれば、「二度と起こさない」などと断定的な言い方はするべきではないのだ。

私が原発の建設現場の労働安全管理を担当していた頃、現場のパトロールで不安全行為を徹底的に取り締まったところ、パトロール班が現場を巡視すると行く先々で職人たちは手を止めた。親方の中には「パトロールが来たからちょっと休憩だ。何も仕事をしていないのが一番安全だからな」と我々をからかう者までいた。

なるほど、原発も再稼働せずに止まっていれば事故の起きる確率はゼロだ。リスクベースのリテラシーも関係はない。二度と原発事故を起こさないためには、止めてしまう以外に、厳しい規制基準の下、なんとか再稼働まで執拗な審査や新たな要求に耐えることしか方法がない。そうなると経済性がなくなってしまうが廃止出来ないのであればそうするしかない。

「二度と起こさない」は言葉の罠であり、口にした人は自分で安全の罠に墜ちている。福島第一原発の事故以前には、地元の人たちを心配させないように「重大事故は起きません。今の設備で十分に安全が確保されています」と言って、さらなる改善を口に出来なくなっていた「安全神話」ならぬ「安全の罠」があった。「安全の罠」は私が作った造語である。

再稼働に反対の人々は「原発なくても停電しない」と言っているが、紛争による化石燃料の調達リスクや二酸化炭素の排出が増えて地球温暖化が進むリスク、化石燃料輸入が増大して国際収支が恒常的赤字になるリスクを忘れている。そのことには触れずに「停電しない」と今の状況だけを語っているのは、それらのリスクを無視していることになる。

現実は複雑な事情があり裏も表もあるにもかかわらず、人はついわかりやすい言葉を使って割り切った発言をしてしまいがちだが、これが後々影響してしまうことをその時は気づかないものである。
 

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter