日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

危うい言葉

 言葉の危うさを表現したものに「甘い言葉」、「悪魔のささやき」などがある。安倍首相が言う「世界最高水準の安全な原発」も危うさがつきまとう言葉だ。「矛盾」の矛と盾ではないが、打ち破れないものなどこの世にはない。世界最高水準の安全はどの点から言っているのだろう。
 福島第一原発の事故のように環境に放射能を撒き散らさないことに対して言っているのだとしても、そのためには研究体制、設備設計技術、製作技術、運転技術、メンテナンス技術、組織管理、規制基準、審査体制、検査体制、防災体制が世界一でなくてはならない。
 スーパーコンピュータ「京」ではないが、目標を達成したとたんに追い抜かれる運命にあるのが世界一だ。世界一だと思ったとたんにそうでなくなるから、それを維持しようとすれば、絶えず世界一かどうかを確認しながら、次々に手を打ち続ける必要がある。
 世界最高水準の安全な原発は、残余のリスクも一番少ないはずである。それでも残るリスクとはなにか。少なくとも通常では考えられないリスクであり、その対策は、とてつもないものになるはずである。世界最高水準だからと安心こそすれ、そんな困難な残余のリスク対策はとてつもなく難しいものと覚悟せねばならない。それを実現するには巨額の予算と長い年月が必要だ。
 最も危惧されるのは「世界最高水準の安全な原発」と言っただけで、言った本人も関係者も、住民さえも、そうなったような気がすることだ。あれほど過酷な事故を経験したのであるから、二度と起こさないようになっているだろうと思うが、それはあくまで欲目であり、現実はどうかということを見なくてはならない。世界最高水準などと安易に言うべきではなく、なってから外国に「日本の原発は世界最高水準」と評価されるべきだと思うがどうだろう。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter