日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

完結したシステム

 落語では、しばしば世の中の矛盾を「現実はそんなもの」と、笑い飛ばす。長屋でゴミを処分するのに、地面に穴をほったら掘った土がたくさん出て、これの処分に困っていた。すると八っつぁんがやってきて、「なに、それは簡単だ。もっと大きな穴を掘ればいいんだ」と言って立ち去る話がある。
 まるでどこかの国の借金のような話だが、科学技術を駆使した我々の生産活動、消費活動は、大きなゴミ対策として、次々に穴を掘って処分するようなことをして地球環境を破壊し続けている。これでは長屋の連中と同じで、とても完結したシステムと言えないし、ずっと使い続けることは不可能だ。
 エネルギーに関して言えば、水力発電や風力発電はこの点で完結したシステムに近いが、太陽光発電は使い終わったパネルの廃棄がどのようになるか不明である。世界で一番多く使われている火力発電の二酸化炭素、それに原子力発電の高レベル放射性廃棄物は、今のところ、より大きな穴を確保することを必要としている。
 従来、火力発電所が排出する二酸化炭素は、地下や海底に貯留する技術が研究開発されていたが、ここに来て実験室で可能となった人工光合成技術により、二酸化炭素を再び有機物に戻すサイクルが注目を浴びている。日本はこの研究開発においてトップを走っており、国もこの実用化を支援している。
 これは原子力に置き換えて言えば、核燃料サイクルで出る放射性廃棄物の無害化や再利用だ。核の焼却炉は原理的には可能だと言われており、高速炉の内部でも、同様の効果が一部期待出来ると聞いているが、状況はここ何年も変わっていないようだ。
 いずれにしても、今までのような使い捨てや穴を掘る後始末では、地球環境への悪影響や人々の抵抗感が強く、だんだん受け入れられなくなるだろう。今後選択されるエネルギーは、システムとして完結することを求められるはずである。このための研究開発を、原子力発電先進国が協力して進めなければ、いずれ原子力発電はクリーン火力発電に負けてしまうのではないだろうか。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter