日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

100億円の札束

産経新聞は最近の論説で、原発の再稼働が進まず、LNGなど燃料費が国外に流出していることに関して、「我が国は毎日100億円の札束を燃やして電気を得ている」と再稼働を急ぐことを説いている。しかし、100億円は火力発電所の燃料代だけの話であって、電力会社の受けている損失はそれにとどまらない。

原発を停止させているため、電力会社は本来得るべき売上げや利益を逃しているだけでなく、燃料は減損しないものの、電気を出さない原発の維持費に人件費を含め毎日数十億円を支出しており、いわば赤字の垂れ流しになっている。それでなくても停止で金が落なくなった地元からは強い不満が出ているため、電力会社としては、自治体などの支援をつなぎとめるため、発電所運営に関する地元の雇用は守らねばならない。

原発は電力会社の帳簿上、毎年償却が進んで資産価値を減じている。本来、資産は利益を産みだすために持つものであるが、今は利益どころか費用だけが出続けてそのまま損失になっている。100億円の札束だけでは済んでおらず、国家の血液にあたる電力供給を担っている電力供給体制を崩壊させかねないのだ。

停止期間中も各原発の残りの運転期間は確実に少なくなっている。従来の考え方だと、稼働率がどうであれ運転開始から40年ということなので、どの原発も既に3年半も歳をとってしまった。これによって、運転開始から30年を超す原発は、追加投資をして運転再開しても、その投資が今後の運転期間中には回収出来くなっている。古い原発は出力が小さいのでなおさら回収は困難だ。経営者の判断としては、国策である原発の存在そのものを守ることや地元経済への配慮といった政治的判断による以外、古い原発の再稼働はありえない。

産経新聞が日本経済のために原発を早期に再稼働すべしとの論陣を張っても、ある割合の日本人は、「過酷事故を起こす可能性がゼロとはならない原発は再稼働させるべきではない」と頑なに再稼働に反対で、そのための国民経済的な損失やリスクには全然平気なのである。産経新聞の記事に賛同し原発再稼働を望む人々にとって、再稼働反対の人々の考えはまったく非合理で、彼らは実に不可解な人種だと見えるだろうが、こうした人々が史上新たに我が国に現出てきたわけではない。

私が読んだ「それでも日本人は戦争を選んだ」(加藤陽子著、朝日出版社、小林秀雄賞受賞)の中で、太平洋戦争を始めた日に、絶対的な国力の差を理解しながらも開戦を積極的に支持していた東京帝国大学の研究生が、「弱い中国だけを相手にする日中戦争は気が進まなかったけれど、今度は強いアメリカ、イギリスを主な相手とする戦争で意義がある」と開戦の報を聞いて感動していたことが書かれている。横浜の駅員であった人は、「駅長より報告を受けた瞬間、既に我等の気持ちはもはや昨日までの安閑たる気持ちから抜け出した。落ちつくところへ落ちついた様な気持ちだ」と開戦の日の日記に書いたとある。日本人は時として、「もやもやとした気持ちをすっきりさせる」ためには、あえて無理とわかっていることをやろうとし、どんな自己犠牲にも耐えようと自分に言い聞かせる習性がある。それゆえ、結果があれだけの惨状になっても、自責の念も含めて「一億総懺悔」で終わらせざるを得なかった。

ある割合の日本人は、福島第一原発の事故以降、原発を取り巻くさまざまな不安や不信や不透明さに嫌気がさしている。曰く、「人間のやることに完全は期待出来ない」「原子力は人間が制御出来るものではない」「自然はとてつもなく大きな破壊力を持っており、人間は抵抗出来ない」「子孫に負の遺産を残したくない」「地球環境のためと言っているが、放射性廃棄物が一番環境に悪い」「あの事故でいまだに帰還出来ない人がいる」「結局、関係者は既得権を守ろうとしているだけだ」などなど。推進派から見ると、どうにも理解出来ない再稼働反対は、このもやもやとした気持ちからすっきりしたいがためのものなのではないか。

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter