日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

人工知能は原子力発電所のスペシャリストを代替できるか?

日本の電力会社である「中国電力」が島根原子力発電所の監視に人工知能を導入することを検討している。NHKが伝えた。AIの導入を考えた最大の動機は人材問題である。福島第1原子力発電所の事故から8年が経ち、その間にベテランのオペレーターは歳をとり、若手はまだ非常事態に対応するのに十分な経験を積んでいない。しかし、AIが人間の代わりをつとめ、非常事態に正しく対応することができるのだろうか?こうした質問をスプートニクが専門家に尋ねた。
詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter