日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

Google DeepMind 前日に1時間ごとの風力予測AIを開発。風力発電エネルギーの価値が約20%向上

囲碁やゲームよりも読みにくい「風」

Alphabet傘下のGoogleとAI開発子会社DeepMindは、風力発電システムに機械学習アルゴリズムを応用し、米国中部にある700メガワットの風力発電設備で実際の発電の36時間前に発電量を予測するAIシステムを構築したと発表しました。
このシステムの予測によって、風力発電システムは1時間ごとに送電網に流す最適な電力を、前日の段階でスケジューリングできるとのこと。これによってこの風力発電設備の有用性は以前に比べ約20%も向上したと発表されています。
詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter