日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

ドイツ政府に「CO2大幅削減」を押し付けられた自動車業界の悲劇

3月27日、EUは、2030年に、EU圏内で販売される新車の乗用車のCO2排出量を、2021年比で37.5%削減するという意欲的な新法案を可決した。ドイツは2030年どころか、2020年のCO2削減目標も達成できないというのに、いったいどうする気か?しかし、そんなことはどこ吹く風、ドイツ政府はこの難題を、そっくりそのまま自動車メーカーに押し付けてしまった。

当然、自動車業界は、目標値が非現実的であるとして反発している。37.5%削減を達成するには、いくらガソリン車の燃費を良くしてもダメで、新車の4割を電気自動車にしなければならないそうだ。電気自動車は、補助金がついてもまだ高い。走行距離もまだ短い。充電ステーションの整備もまだ遅れている。そのうえ、ドイツの電気代はEU一高いときては、いったい誰が買うのかという話だ。
詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter