日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

ホルムズ海峡「タンカー攻撃」で日本への影響は

日本の海運会社が用船したタンカーがホルムズ海峡周辺で攻撃を受けて炎上した事態を踏まえ、エネルギー各社が危機感を強めている。
電力業界はホルムズ海峡経由での液化天然ガス(LNG)調達が比較的多い。電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長、6月14日付けで退任)は「電力各社においてただちに電力供給で支障が生じることはない」としたうえで、「(ホルムズ海峡封鎖など)最悪のケースなども描きながら、危機感を持って対応していきたい」と話す。
詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter