日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

どうする日本のエネルギー 学生が白熱議論「環境エネルギー塾」

今回取材をしたのは、中部電力が主催した「環境エネルギー塾」。名古屋市が市民・教育機関・企業などと協働運営する「なごや環境大学」の共育講座の1つとして開講しており、今年で15回目を迎える。
碧南火力発電所(JERA)、浜岡原子力発電所、御前崎風力発電所などの現場見学、座学やワークショップなど、盛りだくさんの3日間のプログラムだ。筆者は参加者の大学生、大学院生、高専生ら約40名とともに、最終日のプログラムに同行した。訪れたのは、岐阜県にある川辺ダム。川辺ダムと川辺水力発電所の他、岐阜県内47発電所の運転状況を24時間監視、制御している制御室と発電所を見学した。

詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter