日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

マクロン仏大統領の「原発新設計画」にドイツが反対する不思議

EDFは世界で2番目に大きいフランスの電力会社だ。2004年から民営化されているが、今でも国が株の8割以上を所有しているから、ほぼ国営といって良いだろう。世界各地で発電事業に関わり、15.8万人の従業員を抱えている。
そのEDFに対してマクロン仏大統領が、新たなEPR原発の建設計画を策定するよう求めているということを、いくつかのメディアが報じている。具体的にはこれから15年をめどに2基ずつ3ヵ所、計6基のEPRを建設するということらしい。
詳細はこちら

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter