日本エネルギー会議

  • 設立趣旨
  • お問合せ

【参加者募集】りょうぜん里山がっこう ありのままに体験バスツアー「“風評被害そして地域と都市の関係をみつめる”」

学術フォーラム“多価値化の世紀と原子力”を主宰する澤田哲生氏(東京工業大学)が下記日程でバスツアーを実施致します。現在、参加者を募集しておりますのでお知らせ致します。
【開催案内・参加者募集】
いま福島はさまざまな風評被害に悩まされています。風評被害とはそもそも何なのか、放射線で汚染された地域で生活して行くことにどのような困難があるのか。風評被害を生み出す構造を考え、地域と都市の関係等を多角的に見つめる—そういった機会になれば幸いです。霊山(福島県伊達市)に出かけ、地元の皆さんと一緒に“ありのままの”現実をシンポジウムと討論会を通じて共有し、地域産の美味しい産品を楽しむバスツアーです。首都圏のみならず多くのご参加を募集します。
開催概要

◆日時:2015年5月9日(土曜日)08:00〜21:00
◆集合場所:JR東京駅(詳細な乗降場所は未定)
◆行き先(会場):りょうぜん 里山がっこう、HPはこちら
◆スケジュール:2015年5月9日土曜日(日帰り)
07:45 東京駅集合&バス乗車
08:00 出発(首都高、東北道経由)
12:00 りょうぜん里山がっこう到着
12:15〜13:00 
  【ミニシンポジウム】『家族のリスクマネジメント』 進行役:澤田哲生
 1)摂取制限の現状(10分、半谷輝己氏)
 2)LNT仮設とは何か(20分、講演者−調整中)
 3)質疑応答(15分)
13:00〜16:30 交流会(里やまさんから地域の食の紹介⇒討論会&試食会⇒大宴会)
13:00〜14:00 【討論会】『低い線量環境で生き抜くための知恵と工夫』
 登壇者:半谷氏、講演者、里山がっこう理事長、参加者代表ほか
 司会:澤田哲生
17:00 帰路出発
21:00 東京駅着、解散

参加条件等
1)参加資格:特になし、老若男女どなたでも歓迎
2)参加費:10,000円(バス代、りょうぜん里山がっこう食費込み、[飲み物代は別])
3)募集人数:最大59名
4)申し込み締め切り:5月7日(予定)

お申し込み先:東工大学術フォーラム“多価値化の世紀と原子力”
主宰:澤田哲生(バスツアー実行委員会)
下記のデータを電子メールで送って下さい。
宛先:tetsuo@c08.itscom.net
お送り頂くデータ:
1)氏名(ふりがな)
2)住所
3)年齢・性別

2015.5.1
日本エネルギー会議事務局

  • データベース室
  • エネルギーとは?
  • 世界と日本のエネルギー
  • 原子力の論点
  • 放射線と健康
Facebook Twitter